バーミキュラとストウブ、どっちがいい?食洗機を使うならバーミキュラ!

バーミキュラとストウブ、どっちがいい?食洗機を使うならバーミキュラ!

鋳物ホーロー鍋の代表格、バーミキュラとストウブについて、色、サイズ、重さについて比較してきました。

今回は、仕様について比較してみます。

どちらを買おうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Advertisement

どの熱源で使える?バーミキュラ&ストウブ比較表

わかりやすいように、バーミキュラとストウブの仕様を表にまとめてみました。

バーミキュラ ストウブ
直火
IH
オーブン ◎300度まで ◎250度まで
電子レンジ × ×
キャンプなどでの使用 直接炭に乗せるのは避ける おすすめしない

使える熱源は同じ。電子レンジはNG!

バーミキュラもストウブも、溶かした鉄を型に流し込んで成形し、そこにホーローを吹き付けた製品なので、基本的に使える熱源は同じです。ただし、電子レンジでは使えません

IHで使う場合、サイズに注意!

バーミキュラでもストウブでも、14cm以下のお鍋を購入しようと考えている場合、IHヒーターが10cm以上対応のものである必要があります。購入してから「使えない…!」とならないように、事前にIHヒーターのサイズを確かめておいてください。

オーブンの対応温度が違う

バーミキュラは300度ストウブは250度まで対応しています。

しかし、たいていの料理は170~220度で焼くものがほとんどです。

家庭で使う分には、どちらを選んでもほぼ問題ないと言えるでしょう

キャンプやアウトドアでの使用はおすすめしない

薪火や炭火を使用する時って、温度調整が難しいですよね。知らない間に鍋が高温になっていると、ホーローの色が変わってしまったり、傷んでしまうことがあります。

また、石などの硬いものにうっかり当ててしまった時に、ホーローにヒビやはがれが生じてしまう可能性もあるので、バーミキュラもストウブもアウトドアでの使用はおすすめしていません。

Advertisement

食洗機は使える?

時間を有効活用できるように、食洗機を使っている方も多いと思います。

では、鋳物ホーロー鍋は食洗機で使えるのでしょうか?

公式サイトの記載をまとめてみました。

 

バーミキュラ ストウブ
食洗機

【バーミキュラ】
基本的に使用可能です。
ただし、使う時には下記の点に注意が必要です。

他の食器は入れずに鍋だけを入れる
お皿やお箸などによって、お鍋に傷がついてしまう可能性があるからです。

洗剤は、研磨剤や漂白剤が入っていないものを使う
食洗機用の洗剤は漂白剤入りのものが多いので、洗剤を購入する時は成分表記をよくチェックしてください。

サラヤの「ハッピーエレファント」は、石油系合成界面活性剤を使わず、100%食品成分で洗浄する食洗機用洗剤です。

こびりついた油汚れを落とし再付着を防止して、すっきり洗い上げてくれます。

詳しく見るには↓下記をクリック↓

【送料無料・まとめ買い×5】サラヤ ハッピーエレファント 食器洗い機用ジェル 400ml 合成界面活性剤、漂白剤、着色料、香料無配合×5点セット ( 4973512260209 )

【ストウブ】
洗剤によって表面が変色してしまう場合があるので、推奨していません。

他のブログやサイトでは「食洗機でも使える!」と書かれているものもありますが、ストウブの公式サイトでは「推奨していない」とあります。

もし使うなら自己責任で、ということなのでしょう。

鋳物ホーロー鍋はステンレス鍋に比べて非常に重たいので、手洗いするよりも、スイッチひとつで自動で洗ってくれる食洗機はとっても便利で助かりますよね。

バーミキュラは、ホーローがはがれたり、傷んだりしても、修理してもらうことができます

万が一、食洗機を使って傷がついてしまってもお直ししてもらえるというのは安心なので、

食洗機を使う方はバーミキュラを選ぶことをおすすめします。

鍋の取っ手・つまみの部分は?

バーミキュラもストウブも、つまみ部分は熱くなります。調理をしている時や調理した後は、火傷をしないように、鍋つかみを必ず使いましょう

Advertisement

まとめ

バーミキュラとストウブの仕様について比較してきましたが、熱源についてはほぼ同じと言えます。

違いは、食洗機

食洗機を絶対使いたい!という方は、バーミキュラを購入してください。

バーミキュラとストウブを比較したほかの記事も参考にしてみてください。↓